SAVE JAPAN プロジェクト 2016-2017

ブログ

SAVE JAPAN プロジェクト 全国事務局ブログ

2014年度インパクトレポート~SAVE JAPANの成果を評価しました

2014年度のSAVE JAPANプロジェクトについて、事業のインパクトが「環境保全活動に参加するきっかけづくりのサイクル」をまわすことにより発生すると捉え、SROIの手法を使って貨幣換算したインパクトレポートを公開します。
ご協力いただいた関係者のみなさま、ありがとうございました。

SAVE JAPANプロジェクト2014 インパクトレポート(PDF/2.6Mb)

2016年度~2017年度の実施団体が決まりました!(第1弾)

SAVE JAPANプロジェクトは、2011年から昨年まで、毎年6月1日から翌年の3月31日にかけて全国47都道府県で、地域の皆さんが気軽に参加できる環境保全の体験イベントを開催してきました。
今年度からそのプロジェクトを刷新し、2016年10月~2017年9月にイベントを実施します。開催地は2回に分けて募集しており、現時点で以下の25か所での開催が決定しています。
追加の開催地は2017年2月に公表する予定です。
イベントの概要が決まりましたら、順次サイトでお知らせします。お近くのイベントにぜひご参加ください。

北海道
■実施団体
宮島沼の会
特定非営利活動法人ふらっと南幌
特定非営利活動法人カラカネトンボを守る会あいあい自然ネットワーク
■運営支援団体
特定非営利活動法人北海道NPOサポートセンター

山形県
■実施団体
やまがたヤマネ研究会
■運営支援団体
特定非営利活動法人山形の公益活動を応援する会・アミル

福島県
■実施団体
なんだべ村
■運営支援団体
特定非営利活動法人うつくしまNPOネットワーク

栃木県
■実施団体
真岡自然観察会
■運営支援団体
特定非営利活動法人とちぎボランティアネットワーク

群馬県
■実施団体
特定非営利活動法人鳴神の自然を守る会
■運営支援団体
群馬NPO協議会

埼玉県
■実施団体
特定非営利活動法人鴻巣こうのとりを育む会
鴻巣の環境を考える会
■運営支援団体
特定非営利活動法人さいたまNPOセンター

千葉県
■実施団体
亀成川を愛する会
■運営支援団体
特定非営利活動法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ

神奈川県
■実施団体
ゆい
■運営支援団体
特定非営利活動法人藤沢市市民活動推進連絡会

新潟県
■実施団体
生物多様性保全ネットワーク新潟
■運営支援団体
特定非営利活動法人くびき野NPOサポートセンター

富山県
■実施団体
ねいの里自然塾の会
■運営支援団体
市民活動サポートセンターとやま

石川県
■実施団体
生態系トラスト協会石川
■運営支援団体
特定非営利活動法人こまつNPOセンター

長野県
■実施団体
特定非営利活動法人ecology&eco-lives信州
■運営支援団体
特定非営利活動法人長野県NPOセンター

三重県
■実施団体
やすらぎくんねっと
■運営支援団体
特定非営利活動法人みえNPOネットワークセンター

京都府
■実施団体
城陽生きもの調査隊
■運営支援団体
おりなす.キャンプ.城陽

大阪府
■実施団体
靭公園自然研究会
特定非営利活動法人大阪自然史センター
特定非営利活動法人Co.to.ha.na
■運営支援団体
社会福祉法人大阪ボランティア協会

奈良県
■実施団体
赤膚ネイチャークラブ(ANC)
春日山原始林を未来へつなぐ会
■運営支援団体
特定非営利活動法人奈良NPOセンター

和歌山県
■実施団体
海辺の教室
■運営支援団体
特定非営利活動法人わかやまNPOセンター

鳥取県
■実施団体
大山・オオサンショウウオの会
■運営支援団体
公益財団法人とっとり県民活動活性化センター

岡山県
■実施団体
一般社団法人高梁川流域学校
■運営支援団体
特定非営利活動法人岡山NPOセンター

広島県
■実施団体
特定非営利活動法人もりメイト倶楽部Hiroshima
■運営支援団体
特定非営利活動法人ひろしまNPOセンター

高知県
■実施団体
はぐくみプロジェクト
■運営支援団体
特定非営利活動法人NPO高知市民会議

福岡県
■実施団体
まほろば自然学校
■運営支援団体
特定非営利活動法人ふくおかNPOセンター

長崎県
■実施団体
ながさきホタルの会
■運営支援団体
公益社団法人日本環境教育フォーラム

熊本県
■実施団体
水と緑のワーキンググループ
■運営支援団体
特定非営利活動法人エヌピーオーくまもと

鹿児島県
■実施団体
もりはやし倶楽部
■運営支援団体
特定非営利活動法人鹿児島県NPO事業協会


2016年3月に埼玉県で開催した「見沼ベルダたんけん隊 春のお宝さがし」より。

【ご案内】SAVE JAPANプロジェクト2016は10月1日から始まります

今までは6月1日から翌年の3月31日にかけて全国47都道府県で、地域の皆さんが気軽に参加できる環境保全の体験イベントを開催しておりました。

2016年度からは10月1日から翌年の9月末日にかけて開催します。

どんな環境NPOが、どんなイベントを実施するのかは現在、地域のNPOの皆さんと協議を進めております。2016年8月中旬に内容を順次明らかにしていく予定です。

詳細が決まりましたら、またこちらの事務局ブログでお知らせしたいと思います。

お楽しみにお待ちください。

※10月1日から、季節ごとの色と生物多様性を感じることができるイベントを各地域で実施します。写真は昨年度のイベントの様子です。




SAVE JAPANプロジェクト全国事務局

日本NPOセンター 平川


【開催報告】損保ジャパン日本興亜×日本NPOセンター 企業とNPOの協働フォーラム 「地域の持続可能性を引き出す企業とNPOの協働のカタチ」を開催しました。

損保ジャパン日本興亜×日本NPOセンターは、企業とNPOの協働フォーラム(以下、本フォーラム)「地域の持続可能性を引き出す企業とNPOの協働のカタチ」を、2016年2月18日(木)に損保ジャパン日本興亜本社ビルで開催しました。?

「SAVE JAPANプロジェクト」(以下、本プロジェクト)は、2015年度末で丸5年を迎えます。これまでに、47都道府県の環境NPO、NPO支援センター、日本NPOセンター、損保ジャパン日本興亜が4者で協働して、全国で600回を超えるイベントを開催し、30,000名を超える市民の皆さまにご参加いただきました。
 5年間継続して実施していく中で、「地域の持続可能性に貢献していること」が見えてきました。当初より「生きものが住みやすい環境づくりを4者協働で実施する」ことにしていましたが、環境保全効果だけでなく、市民間のコミュニティ構築や地域におけるNPOと市民の関係強化等、地域活性化に対しても効果を発揮し始めていることが明らかになりました。

【SAVE JAPANプロジェクト福井"カエルのお城が危機一髪!ザリガニ捕獲大作戦☆"】

本フォーラムでは、本プロジェクトのこれまでの取組みを共有するとともに、その成果を可視化するための評価レポートや地域からの事例についても報告し、「地域の持続可能性を引き出す企業とNPOの協働のあり方」について考える場として開催しました。当日は、NPOや企業のCSR担当者などを中心に、105名の方にご参加いただき、熱心に議論がされ、企業とNPOの協働が引き続き注目されていることがうかがえました。

【開会挨拶】

第一部では企業とNPOが協働で実施したことの意義をまとめた「インパクトレポート」について報告が行われました。以下、報告内容をまとめたものをご紹介いたします。

<報告1> 今田克司   日本NPOセンター常務理事
本プロジェクトは、市民が環境保全活動に参加するきっかけを提供することを通じて、地域の自然環境への関心や生物多様性への理解の向上につながることを主な目的としていますが、社会的インパクト創出の仕掛けとしては、「イベントへの参加の呼びかけ」、「イベントへの参加」、「関係団体の能力強化」という3つの要素が不断に回ることによって、①環境問題のために行動する市民の層の厚みが増すこと、②協働関係のネットワークの醸成、③市民への持続的な関心喚起という波及効果が生まれることも目途しています。

 参加者、環境団体(実施団体)およびNPO支援センター(運営支援団体)を対象に行ったアンケートやヒアリング調査では、3つの主要素について概ね高い評価を得ていることが分かりました。また、とちぎボランティアネットワーク、さいたまNPOセンター、ぎふNPOセンターが関わった3事例からは、波及効果についても一定程度の社会的インパクトが創出されたと考えることができます。(インパクトレポート23-25ページを参照)


<報告2> 塚本一郎さん 公共経営・社会戦略研究所取締役社長
 本プロジェクトの第三者評価の一環として、費用便益分析の一種であるSROI(社会的投資収益率)分析を社会的インパクトの計測方法として用いたが、「環境保全活動に参加するきっかけづくりのサイクル」から派生するアウトカム(成果)に加え、プロジェクトのプロセスで生み出される副次的・波及的あるいは中間的アウトカム(成果)も可能な限り便益項目として設定し、プロジェクト全体の社会的インパクトを貨幣化するように努めました。
 SROIは総便益を総費用で割って算出しますが、社会的プログラムの効率性と有効性を計測し、単なる数値化ではなく、貨幣価値に換算して可視化するものであり、SROIが「1.0」を超えれば、その社会的プログラムは有効であり、効率的とみなしえます。本プロジェクトのSROIは、1.76であり、本プロジェクトの費用対効果は有効であったと結論づけることができました。
 しかしながらSROIは万能ではないので、数値化や貨幣化ができない取り組みにも目配りしながら他のアプローチとバランス良く使いながら、できるだけ見える化することが今後求められます。


<コメント> 金井 圭(損保ジャパン日本興亜特命課長)
会社内でCSR予算を使った事業の成果を分かりやすく説明することが求められるなかで、事業の価値を貨幣価値に換算して可視化することができるSROIを導入しました。SROIの導入により、自社のグループCSR-KPI(Key Performance Indicator:重要業績評価指標)の指標として活用したり、他社から検討したいという問い合わせが増えるなど、良い効果が出てきています。今後、SROIが普及することで、企業でのCSR予算が獲得しやすくなり、結果的にNPO等との協働事業の増加に繋がればいいなと考えています。ただし、CSRの取組みは全てSROIで数値化できるものではないので、バランスをもって取組むことが大切だと思います。

※インパクトレポートは、以下からダウンロードできます。
Impact-report.pdf

第二部では、地域の具体的な事例を共有し、地域の持続可能性を高める企業とNPOの協働のあり方についてフロアディスカッションを通して会場からの質疑も交えて活発な意見交換が行われました。第二部のはじめに、SAVE JAPANプロジェクト関係団体からの活動報告を行いました。

<報告1>持続可能な事業運営による市民へのアプローチ
村田恵子さん さいたまNPOセンター 専務理事
青木明雄さん エコシティ志木 事務局長 

 第一部の報告で紹介された波及効果の一つ「市民への持続的な関心喚起」の具体例として、村田さんと青木さんから報告いただきました。埼玉県の取り組みに関して、イベントに遊びの要素を取り入れたり身近な自然を体感してもらうため場所の選定を工夫したりしているなどの報告がありました。このように一般市民が気軽に参加できるイベントを継続的に実施できるようサポートをさいたまNPOセンターが担うといった役割分担のもと、地域でイベントを実施し続けたことで各イベントが満員御礼を達成するだけではなく、賞を受賞するなどの成果も挙げられました。

<報告2>地域課題を意識し、行動する市民を増やす
野村 典博さん ぎふNPOセンター 副理事長

 第一部の報告で紹介された波及効果の一つ「環境問題のために行動する市民の層の厚みが増すこと」の具体例として、野村さんから報告いただきました。「自然は人の暮らしと密接で、人の暮らしがあってこそ自然は持続する」という考えのもと、学生の巻き込みを意識し、地域で活躍できる人材育成をめざしたイベントを行いました。単にイベントを実施するだけではなく、過疎化地域でのイベント実施を通じて地域課題と絡めることで、過疎化地域と学生をつなぐ役割をこのプロジェクトが担ったと報告されました。また、成果として、環境イベントが終了後も学生が過疎化地域に自発的に出向くようになり、「地域課題解決提案事業」でベストプレゼン賞を受賞したという成果も挙げられました。


次に、フロアディスカッションを日本NPOセンター事務局長新田英理子の進行で会場の参加者と行いました。「環境保全を行うことと、イベントで人集めをすることのバランスは?」「この事業だけで、地域課題は解決できるのか?」といった質問があげられました。パネリストからは、「環境保全の目的がもっとも大切でありイベントを複数回に分ける工夫をしている」「この事業だけで、地域課題の解決を行えるとはなから考えておらず、地域に目を向けるきっかけ、そしてそのきっかけが話題になったりしていくことが大切です。地域、大学、企業の連携による地域創生への足がかりとしてこの事業を捉えています。」などの回答がありました。

【会場の皆さんで質問と感想を出し合うワークショップを実施しました!】



【会場から出た質問表(黄色は質問、ピンクは感想です)】

最後に、事例発表者も交えてパネルディスカッションを行いました。「企業とNPOの協働」についてセクターの立場を超えて価値の創造をめざしていくべき、との意見があり、立場の違いを超えてお互いの理解を深める大切さを確認しあいました。各事例発表者から、「地域の持続可能性を引き出す企業とNPOの協働のカタチ」をテーマに協働を進めていくうえで必要なことを一言ずつ発表して、終了しました。

?

≪金井圭 損保ジャパン日本興亜 特命課長≫

"相手の立場" NPOの思いの強さと企業のリソースを合わせることが重要

≪今田克司 日本NPOセンター 常務理事≫

"自分の強みの説得力" NPOの想いを世に伝わる形で届ける技術が必要

?≪野村 典博さん ぎふNPOセンター 副理事長≫

"関係性" 良好な関係性の維持の努力が必要?

≪青木 明雄さん エコシティ志木 事務局長≫

"あそぼう"
企業側はまじめな議論が多い。「あそび」がないとストレートなものの見方になってしまう。あそびをやると子供がついてくる。楽しさが波及して人が増える。数字では見えないあそびの部分をしっかり伝えたい。

≪村田 恵子さん さいたまNPOセンター 事務局長≫

"企画と心意気" 企画があってこそ。やっているうちに心意気がわいてくる。


開催後のアンケートからも「NPOと企業の協働、その成果について具体的なお話を伺うことができて参考になった」「資金のみあてにせずに(住民)と企業が共に求め協力し合えることを探すことで地域と企業が成長することを考えてゆきたい」など、前向きな意見をいただき、SAVE JAPANプロジェクトや4者協働に対する関心の高さがうかがえるフォーラムとなりました。
?

盛岡タイムス 2016年02日13日掲載

[岩手]もりのあそびば 冬をたのしむ(2016年2月11日実施)

熊本日日新聞 2016年1月24日掲載

[熊本]田んぼのいきもの、冬はどうしてる?観察会(2015年1月23日実施)

※この記事は発行元の許可を得て本ページに掲載しています。各記事の著作権等は発行元に帰属するものであり、当ページより転載又は無断使用することを固く禁じます。

【開催案内】地域の持続可能性を引き出す企業とNPOの協働にあり方ついて考える「企業とNPOの協働フォーラム」を開催します!

2015年9月に国連で採択をされた国際的な目標「持続可能な開発目標(SDGs)」では、17の目標の中で生物多様性保全やさまざまな主体でのパートナーシップが掲げられており、今後国内でも取組みが本格化します。取組みの主体は、政府、企業、NPOはもちろん、私たち一人ひとりです。

2011年度から開始している「SAVE JAPANプロジェクト」は、47都道府県のNPOと損保ジャパン日本興亜が一緒になって、これまで全国で600回を超えるイベントを開催し、30,000名余りの地域の皆さまに生物多様性保全について考える機会を提供してまいりました。また、東日本大震災から間もなく5年目を迎えますが、本プロジェクト開始時には資金の一部を復興支援にも寄付いたしました。

このフォーラムは2つのパートで構成され、第一部では、企業とNPOが協働で実施したことの意義をまとめた「インパクトレポート」について報告をします。第二部では、地域の具体的な事例を共有するパネルディスカッションを通して、地域の持続可能性を高める企業とNPOの協働のあり方について考えます。

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

SAVE JAPAN プロジェクトとは?

プログラム内容

「企業とNPOの協働フォーラム」は2つのパートで構成され、第一部では企業とNPOが協働で実施したことの意義をまとめた「インパクトレポート」について共有します。第二部では、地域の具体的な事例を共有するパネルディスカッションを通して地域の持続可能性を高める企業とNPOの協働のあり方について語り合います。

13:30
開会あいさつ
13:35
SAVE JAPANプロジェクトについて説明
13:40

第1部「SAVE JAPANプロジェクト2014」インパクトレポートの報告

2011年度にスタートしたSAVE JAPANプロジェクトは2015年度末で丸5年を迎えます。社会的インパクトの評価手法を取り入れて、企業とNPOが協働で実施したことの意義をまとめた「インパクトレポート」の報告をおこないます。

発表:
公共経営・社会戦略研究所 取締役社長 塚本一郎さん
日本NPOセンター常務理事 今田克司

14:25
休憩
14:35

第2部 SAVE JAPANプロジェクト関係団体に聞く、持続可能性を引き出す協働のカタチ

報告1 持続可能な事業運営による市民へのアプローチ
さいたまNPOセンター 専務理事 村田恵子さん
エコシティ志木 事務局長 青木明雄さん

報告2 地域課題を意識し、行動する市民を増やす
ぎふNPOセンター 副理事長 野村典博さん

パネルディスカッション 持続可能性を引き出すための協働のカタチとは?
会場の皆さまからの質疑も交えて、パネルディスカッションをしながら深めてまいります。

進行:
損保ジャパン日本興亜株式会社 特命課長 金井 圭
日本NPOセンター 事務局長 新田英理子

16:00
閉会

「企業とNPOの協働フォーラム」概要

日時
2016年2月18日(木)
13:30-16:00(開場13:00)
会場
損保ジャパン日本興亜本社ビル2階大会議室
東京都新宿区西新宿1-26-1
(新宿西口より徒歩7分:地図
主催
認定特定非営利活動法人日本NPOセンター
損害保険ジャパン日本興亜株式会社
定員
150名(定員になり次第締切)
参加費
無料
対象
企業のCSR担当者、メディア関係者、地域との連携で活動を行うNPO、NPO支援センターを主な対象といたしますが、誰でも参加可能です。
参加特典
ご来場の皆さまに「SAVE JAPANプロジェクト2014インパクトレポート」を差し上げます。

お問合せ先

認定特定非営利活動法人 日本NPOセンター
SAVE JAPAN プロジェクト全国事務局
〒100‐0004 東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル245
Tel. 03‐3510‐0855 Fax. 03‐3510‐0856
Website: http://www.jnpoc.ne.jp/
E-mail: savejapan@jnpoc.ne.jp
担当:平川

希少生物種に出会える~イベント運営のヒミツ~

SAVE JAPANプロジェクトは、地域のNPOと損保ジャパン日本興亜が希少生物種をテーマに連携して実施している体験型イベントです(プロジェクト概要の説明はこちらから)。

希少生物種の保護活動をを通じて、地域の皆さんに環境保全活動に参加するきっかけを提供していますが、今まで参加したことのない人にもわかりやすく、楽しく学んでいただくための様々な取り組みが行われています。

【2013年度の静岡のイベント。「アカザ」を観察している子どもの目が活き活きしていますね。】


希少生物種が生息する環境は、その希少性ゆえに生息する場所を明かせないことがあります。乱獲を防ぐために、サイトでも公開されていないこともありますが、このイベントでは特別の許可を得て、一般の方が普段なかなか訪れることができない/入ることが許されていない場所で開催することもあります。
?

【2013年度の長野のイベントの開催場所。普段は立ち入ることができない秘密の場所です。】


例えば、開催場所は非公開、集合場所だけをお知らせして、集合場所から希少生物が生息する環境まではバスで移動する場合があります。その際、場所が特定されないように、カーテンをしめてもらい、場所を移動することがありました。

また、一気に大勢の人がその場所に入ることで荒らされてしまうことがあるため、そういった環境には20名から30名と少人数で実施するなどの工夫をしています。?


【2013年度長野のイベントで観察できたオオルリシジミ。シジミの言葉で分かるように、とても小さな蝶です。どこに写っているか、分かるかな?】


気軽に楽しく参加することができても、希少生物種が生息する環境を、人間が脅かしてしまったら、元も子もありませんよね。そうならないように、細心の注意を払って、作りこまれたイベントでもあります。



【2012年度徳島のイベントの開催場所は、山の頂上で。そこには希少種「カタクリの花」が咲いていました。この写真にあるような、「ふまないで」石を参加者がつくり、観察がてら希少種の横に置いておきました。】


SAVE JAPANプロジェクトでは、地元の人も知らないような開催場所へと足を踏み入れる貴重な機会も得られます。環境団体さんから、自然と接するときのルールを教わりながら、イベントに参加してみてくださいね。
(下の写真は、カタクリの花観察会のときの観察場所です!カタクリの花は、寒い場所にしか咲かないので、徳島県で咲いているのはとても珍しいんですよ)



地域の生物や植物に感謝する~釣り大会!から学ぶアメリカザリガニの脅威~

SAVE JAPANプロジェクトは、地域のNPOと損保ジャパン日本興亜が希少生物種をテーマに連携して実施している体験型イベントです(プロジェクト概要の説明はこちらから)。

このプロジェクトは、今まで参加したことがない人にもわかりやすく、楽しく学んでいただくために様々な取り組みが行われています。今回外来種の内容でお届けするのは2回目ですが、外来種が在来種を脅かす、それを「食」以外でも「遊び」からも実体験してもらう、そんな切り口から、地域の事例を紹介したいと思います。


【会場となった、福井県越前市にて。美しい風景が拡がっています。】

例えば、福井では、アメリカザリガニが大量に発生しているために、アベサンショウウオやトンボの幼虫ヤゴが減少していますが、こうした実態を知ってもらうために、「アメリカザリガニ捕獲大作戦」を実施しました。地元の人の手作りの竹竿を受取って、"するめ"を餌に、ザリガニ釣りを開始。


【子どもだけではなく、大人も楽しみました!】



【写真では納まりきれませんが、こんなに沢山のアメリカザリガニがいるんですね・・・】


【アメリカザリガニと日本ザリガニの簡単な見分け方、アメリカザリガニは「赤い」です。※右のアメリカザリガニはドロまみれのため見えづらいですが、「赤い」ですよ】

約1時間で、3か所のため池から870匹ものアメリカザリガニが釣れました。
グループごとに分かれて、どのグループが沢山釣れたか競うのですが、最後には、「ため池釣り師トップ賞」の発表も用意されていました。

【参加者も、表彰式が用意されているなんて思わなかったので、びっくり。どきどきしながら表彰されつつも、終了後は誇らしげな表情に。】

参加者からは、「昭和初期に、わずか20匹持ち込まれたアメリカザリガニが、瞬く間に全国に広がった事。外来種の繁殖力の強さ、影響力の大きさが実感できた(男性・30代)」や、「子どもと一緒に何かを取り組む体験が新鮮でした(女性・40代)」などの声をいただきました。


【みんなで集合写真!参加者は約110名!】

地域にはこのような外来種の影響により、「昔、当たり前にいた生物」が減少している実態があり、"釣り"などの親子で一緒に楽しめるイベントを通じて、環境保全に取り組む活動が全国で展開されています。

事務局として何よりも印象的だったのが、人前に出ることに気恥ずかしさもありながら誇らしげに表彰状を受け取る子どもの様子。こんな場面って、日常的にあまりないからこそ、子どもにとって「特別な瞬間」だったりします。この「特別な瞬間」「忘れられない思い出」が多くの人にも体験できるとよいな思いました。

地域の生物や植物に感謝する~食を通じて学ぶ ブラックバス捕獲大作戦~

SAVE JAPANプロジェクトは、地域のNPOと損保ジャパン日本興亜が希少生物種をテーマに連携して実施している体験型イベントです(プロジェクト概要の説明はこちらから)。

このプロジェクトについての理解を深めていただくために、沢山のイベントの中から、今回は外来種の脅威から希少生物を守る活動を地域の事例をもとに紹介したいと思います。
※2012年度‐2013年度に実施した新潟のイベントを写真を通じてお伝えいたします。


【生態系を守ろう!防除ウィークの期間にイベントを実施しました】


【これから、水を抜いたため池に入ります。日差しがまぶしいですね!】

佐渡で実施した新潟県のイベントでは、ブラックバスという外来種が島内の在来種の存在をおびやかし、地域の生態系が崩れてしまう危険性があり、ブラックバスの捕獲大作戦を実施しました。ブラックバスが生息しているため池の水をぬいて、参加者全員でブラックバスを捕獲するのですが、ため池の水を全てぬいてしまうと、もともとそこにいる生物にも影響が出てしまうので注意が必要です。
※ブラックバス1匹が放たれただけで、その池の生態系は狂ってしまうのだとか!


【いよいよ、ため池へ!】


【ため池の中は、意外と深くブラックバスを捕獲するのは至難の業】

胴長と呼ばれるズボンを履いてため池の中に入りましたが、写真の通りあまりうまく前を進めません。調子よく池の真ん中に行くと下手すると戻ってこれなくなるため、その場合は、ため池レスキュー始動です。単純にひっぱってもらうだけ・・なのですが、自分の力ではどうすることもできなくなるので注意が必要です。

捕獲したブラックバスは、胃袋を開いてどんな生物をエサにしているのか参加者全員で観察します。命を粗末にしないために、ブラックバスはその場で調理して、あげものにして食べるのですが、とっても美味しく白身魚のフライのようです。


【ブラックバスを通じて在来種について、多様な生き物がいることを学びます】


【ブラックバスをおいしくいただきます。"いただきます"と命に感謝。】

ブラックバスは元々島にいたわけではなく、誰かが持ち込んだものです。ブラックバスだけが悪役ではない、そうしたことを参加した人たちに伝えるために、取り組まれたイベントでした。

全国では観察会のみならず、実際に身をもって体験することに重点を置いているイベントもあります。見て、触れて、食べて、そして学ぶ。地域が多様にあるように、手法もその地域の数だけ沢山あります。活動レポートもこのサイトで掲載しておりますので、ぜひどんな活動をやっているのかのぞいてみてくださいね。