SAVE JAPAN プロジェクト 2016-2017

募集終了

サシバCamp 2017〜夏〜

2017年06月18日(日)開催
  • ほにゅう類
  • 森林
  • 里山

いよいよ待ちに待った「サシバ」の子育てを間近に観察できるチャンスが来ました。果たして東南アジアからやってきたお父さん、お母さんから、無事「ひな鳥」は巣立つことができるでしょうか。

貴重なそんな「ドラマ」をそっと見守るように、観察しましょう!そして、今回も木島平村の美味しいものをお腹いっぱい食べに来てくださいね!!

イベント内容

ecology&eco-lives信州の動物のプロのスタッフが、詳しく現地をガイドします。

サシバはどんな食べ物を食べているのかな?

「村のごちそう」はいつも楽しみ!村の人とも交流して楽しく過ごしましょう!

このイベントのねらい

木島平村に生息している”絶滅の恐れのあるタカの仲間である「サシバ」サシバがいつも木島平にやってきて、子育てを続けられるようにその環境を守っていくには、どんな生活をしているのか、つぶさに観察して記録を取ることが必要です。

春に続いて、今回のイベントでは、サシバの子育ての一番大事な時期である6月に、サシバがどんな行動をしているかよく「観察」します。

 ・ サシバはどんな場所に巣を作るのでしょうか?
 ・ ヒナは何羽ぐらいいるのでしょうか? 
 ・ ヒナは何を食べているのでしょうか? 
 ・ 親鳥がヒナの食べ物を取るのはどんな場所でしょうか?

いつもは触れることのない「サシバ」の暮らしをみんなでさぐり、貴重な鳥のこと、その「命」を支えている「環境」について、みんなで考えてみませんか。

プログラムとスケジュール

◎ 9:00~9:30

  集合場所にて受付

◎ 9:30~10:00

  開会・オリエンテーション

◎ 10:00~11:30

 <サシバの生態観察>

 里山を歩きながら、サシバの住んでいる里山の環境をよく観察します。観察のポイントは、サシバの子育ての時期の行動を望遠鏡や双眼鏡を頼りにつぶさに見て、記録すること。
 巣を作る場所、ヒナの数、ヒナの食べ物、親鳥の狩りの場所などを調べます。また、サシバの「食べ物」となっている動物も探します。

◎ 11:30~12:00

 <生態観察のまとめ>

 観察の結果をまとめ、サシバの住める里山環境とはどんな場所なのかをみんなで考えます。

◎ 12:00~13:30

 <昼食&まとめ>

 昼食はバイキング形式で、木島平村の特産物を使った料理を堪能しましょう!!

◎ 13:30 解散

募集要項

イベント名
サシバCamp 2017〜夏〜
開催日
2017年06月18日(日)
開催時間
09:30-13:30
申込締切
2017年06月15日(木)
定員
40名
開催場所と集合場所
開催場所:長野県下水内郡木島平村内山集落
集合場所:内山手すき和紙体験の家
     (木島平村穂高1143)
対象
どなたでも
小・中学校のお子さんがいるファミリーにおすすめです。
持ち物
軍手、カッパ、タオル、水筒、双眼鏡(持っている人)、服装(汚れても良い格好、帽子、着替え)
参加費
無料
お知らせ・注意事項
◎ 雨天決行します。

◎ 申込み事項(次の内容をお伝えください)
・参加者全員のお名前(子どもは年齢も)
・連絡先:住所、電話、EmailかFAX(パソコンメールが届くEmail)、携帯電話
・集合場所までの交通手段

お問合せ

このイベントのお問合せ先
NPO法人 ecology&eco-lives信州
電話 080ー8828ー1893(担当:荒井)
FAX 026−217−8390
メール info@npo.raposa.jp
主催・共催
NPO法人 ecology&eco-lives信州
NPO法人 長野県NPOセンター
協力・後援等
木島平村
木島平村アート部
NPO法人地域創生研究所あつまれむらびと
協賛
損害保険ジャパン日本興亜株式会社