SAVE JAPAN プロジェクト 2017-2018

ブログ

SAVE JAPAN プロジェクト 全国事務局ブログ

1月30日(木)にCSRダイアログ「みんなで語ろう!これからの企業とNPOの協働のカタチ~"SAVE JAPAN プロジェクト"3年間のあゆみから~」を開催しました。

CSRダイアログ「みんなで語ろう!これからの企業とNPOの協働のカタチ~"SAVE JAPAN プロジェクト"3年間のあゆみから~」を、2014年1月30日(木)に損保ジャパン本社ビルで開催しました。

今回のCSRダイアログは、損保ジャパンと日本興亜損保の支援を受けて、全国47都道府県をフィールドに地域の環境NPOやNPO支援センター、日本NPOセンターが協働で市民参加型の生物多様性保全のための活動に取り組む「SAVE JAPAN プロジェクト」が、今年度末で開始から丸3年を迎えることを機に、これまでの取り組みを共有するとともに、これからの企業とNPOの協働のあり方について考える場にしたいと開催し、NPOや企業などから146名の方に参加いただきました。

?
損保ジャパン 佐藤会長よりご挨拶 ?

?

第1部では、様々な活動の中からNPO支援センター、環境NPO、企業の代表者の皆さんにそれぞれの活動内容や、地域らしさを生かした協働の成果について熱く語っていただきました。

?
第1部の事例報告より ?

?

第2部では、協働団体であるNPO支援センター、企業、研究者をパネリストに迎えて、なぜ、いま、改めて企業とNPOの協働が注目されているのか、協働が成果を生むために必要なことは何かなど、協働の「本質」について突っ込んだ議論が交わされました。

?
第2部のパネルディスカッションより ?

?

参加された方からは「企業と各地域の環境NPOを繋ぐ中間支援組織(各地域のNPO支援センター)が担う役割の重要性が理解できた」、「プログラムの社会的価値を測定することも大切」などの声が聞かれ、今回の報告会が今後の企業とNPOの協働を考えるきっかけになればと願っています。

SAVE JAPAN プロジェクトは今後も「いきものが住みやすい環境づくり」を目指し、市民の皆さまがお気軽に参加できるイベントを全国で開催してまいりますので、是非ご家族でご参加ください!