SAVE JAPAN プロジェクト 2017-2018

募集終了

【自然体験「あすわ川・水と命の道」#1】 源流に、会いにいこう

2018年07月16日(月)開催
  • その他植物
  • はちゅう類
  • コケ
  • 昆虫・その他

始まったばかりの夏。足羽川の上流の池田町は生き物たちの宝庫。川や陸に棲む生き物たちと出会う方法を学びながら、川の美しさや多様な生態系を感じてみよう。また、安全な川の楽しみ方も一緒に学び、思わぬ事故から身を守るノウハウも身に着けましょう。

イベント内容

このイベントのねらい

足羽川の上流にいる生き物の姿や棲みか、その様子が自然環境の物差しになることを学びます。

プログラムとスケジュール

08:30 集合・受付開始(川に入る服装で集合)

09:00 開会あいさつ、プログラム説明等、集合写真撮影

09:20 小技魚道見学(往復バス移動)

10:00 ライフジャケット装着、セーフティートーク

10:20 魚見川へ移動(徒歩)

     道具説明と生き物の探し方のコツ

     生き物探し・観察

12:00 集合場所に移動、アンケート記入、ふりかえり

12:40 終了・解散(解散後にキャンプセンターで着替え可)

募集要項

イベント名
【自然体験「あすわ川・水と命の道」#1】 源流に、会いにいこう
開催日
2018年7月16日(月)
開催時間
9:00~12:40
申込締切
2018年7月12日(木)
定員
40名(先着順)
開催場所と集合場所

【開催場所】 
今立郡池田町 魚見川
とその周辺

【集合場所】 
今立郡池田町新保13-4 新保ファミリースキー場
※現地集合・現地解散です。

対象

小学1年生から
子どもだけの参加は、小学4年生から
※親子での参加歓迎します。




持ち物

【持ち物】  
着替え、タオル、飲み物、濡れた時用の着替え
タモ網
(名前を書いてください)

【服 装】  
水着、ラッシュガード
(または化繊素材のもの)
靴下
(靴下を履くと脱げにくくなります)

≪服装例≫水着または濡れてもよい下着を身に着け、その上からラッシュガード、もしくは、化繊素材のTシャツや短パンを着用する。足元は濡れてもよい靴下を履く。

【履き物】  

濡れても良い運動靴(履き古した運動靴でOK。サンダルは全て不可です。)

◇◇注意◇◇
集合時には、着替えの時間と場所がありませんので、川に入る服装で来てください。
解散後の着替えは、農村de合宿キャンプセンターをご利用いただけます。

 

参加費
一人500円
お知らせ・注意事項

【天候について】
少雨決行。荒天、水位の上昇により体験が困難な場合は、7月22日
()に開催します。

お問合せ

このイベントのお問合せ先

NPO法人さばえNPOサポート (担当:久保田・嶋野)

 TEL(077854-7055 

 FAX(077854-7058

 E-Mail savejp@sabae-npo.org

主催・共催

NPO法人さばえNPOサポート

一般社団法人環境文化研究所

協力・後援等
【協力】認定NPO法人日本NPOセンター
【後援】福井市教育委員会、鯖江市教育委員会、越前市教育委員会、池田町教育委員会
協賛
損害保険ジャパン日本興亜株式会社