SAVE JAPAN プロジェクト 2017-2018

イベント参加者募集中

「ツキノワグマと人間の共生 ~里山の生態系を守ろう!~」シンポジウムin長岡

2018年10月07日(日)開催
  • ほにゅう類
  • 市街地・公園
  • 森林
  • 里山

国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで危急種(VU)に指定され、環境省のレッドリストにも掲載されている日本各地で生息するツキノワグマ。
近年では、生息環境の変化により中山間地域での目撃件数や人身被害の問題も深刻になっています。
今回、新潟県では野生鳥獣の生息調査及び被害対策の支援活動に取り組むNPO法人新潟ワイルドライフリサーチと協力し、「ツキノワグマ」をテーマにイベントを開催。
クマや野生鳥獣に対する正しい知識を学び、クマの出没する里山の現場調査を行います。
希少生物であるツキノワグマに対し、捕獲及び駆除に頼らない人間との共生や里山の環境保全を一緒に考えましょう!

イベント内容

野生鳥獣の罠を設置する様子

里山でクマや野生鳥獣との共存に関する現場診断の様子

木の幹に残るクマの爪痕

このイベントのねらい

クマや野生鳥獣等による被害を防ぐための正しい対策知識を学ぶ。

NPO法人新潟ワイルドライフリサーチが過去5年間に実施した調査結果を踏まえ、新潟県におけるツキノワグマの生息状況とクマを取り巻く現状を考察する。
地域住民、NPO等、農業や里山の関連団体、行政等、マルチステークホルダーで、「ツキノワグマと人間の共存」の実現に向けたビジョンを提言する。

プログラムとスケジュール

12:30 受付開始
13:00 開会
13:10 講演「新潟県におけるクマの出没状況と対策のビジョン」
13:40 講演「新潟県におけるクマの分布調査と生息状況」

14:15 休憩

14:30 事例紹介
①「クマの出没時の対応」
②「ベアドッグ・クマとの棲み分け」
③「錯誤捕獲問題への警鐘」

16:00 休憩

16:15 パネルディスカッション
テーマ「クマと人間の共存に向けて」

17:45 閉会

募集要項

イベント名
「ツキノワグマと人間の共生 ~里山の生態系を守ろう!~」シンポジウムin長岡
開催日
2018年10月7日(日)
開催時間
13:00~17:45
申込締切
2018年10月3日(水)
定員
60名
開催場所と集合場所
まちなかキャンパス長岡 301会議室
(新潟県長岡市大手通2-6 フェニックス大手イースト4F)
対象
どなたでも可
(中山間地域の地域住民、農業関係者、環境分野のNPO等、行政関係者等におすすめです)
持ち物
筆記用具
参加費
無料
お知らせ・注意事項
10月7日は、事例紹介やパネルディスカッション等の「シンポジウム」形式になります。
翌日8日に、長岡市栃尾地域において「現地調査会」を開催します。
両日またはどちらか一日のみの参加可能です。

お問合せ

このイベントのお問合せ先
NPO法人くびき野NPOサポートセンター(担当/新保)
TEL/025-522-6639
Mail/info@kubikino-npo.jp(@マークを小文字にしてお送りください)
主催・共催
NPO法人新潟ワイルドライフリサーチ
NPO法人くびき野NPOサポートセンター
協力・後援等
新潟県 県民生活・環境部
長岡市教育委員会
新潟県自然・環境保全連絡協議会
こしじ水と緑の会
生物多様性保全ネットワーク新潟

協力:認定特定非営利活動法人日本NPOセンター
協賛
損害保険ジャパン日本興亜株式会社