SAVE JAPAN プロジェクト 2018-2019

イベント参加した人たちが、その後、主催者側として主体的に取り組める土台づくり

活動内容

イベントとワークショップを通して主体性を持った人を育て、それらの人が活躍できる場所を準備してやるために環境団体とのマッチングを行います。

①生き物と環境をテーマにしたイベント

②森林保護の体験イベント
これらの活動を踏まえ、もっと深くかかわりたい・一緒に活動したいという自主的な人を募り2回のワークショップと1回のイベントを実施し、最後に環境団体とのマッチングを行う。

③イベント企画講座 
・イベントの企画立案講座
・参加者でグループ(3組程度)を組み、イベントの企画をし、発表する。
※専門家を招いて学び、2回のワークショップを受講した人に鹿児島県NPO事業協会の「環境イベントアドバイザー」の称号を与え、協会に加盟する団体等へ広報し活躍の場を 創出する。

④企画したイベント実施 1回
イベント企画講座の中で企画したイベント1つを参加者を募り、実施する。
※自分たちの企画したイベントで参加者が喜ぶ姿を見ることで活動意欲をかきたてる。

⑤マッチングイベント  1回
県内の環境団体を募り、活動発表などを行い、参加

プロジェクトを通じて貢献する愛知目標

目標①

一言アピール

イベントがイベントのまま終わることなく、参加者がその先に活躍できる場を創出してやることで主体性が育つと考え、自分の活躍できる場を見つける為に多くの環境団体を招いてのマッチングイベントまで開催します。

活動時期

2月 生き物と環境をテーマにしたイベント
4月 森林保護の体験イベント
5月 ワークショップ(イベント企画講座)
6月 ワークショップ(イベント企画講座)
8月 イベント
10月 マッチングイベント

対象となる希少生物種

昆虫類(ベニシジミ等)両生類(トノサマガエル・アカハライモリ等)植物(オオバノトンボソウ・他多種ラン等)鳥類(イクイナ等)・ドジョウ・ゲンゴロウ・キン蘭
※周辺に生息する森・川の生き物すべての保護保全につながると考えています。

実施団体プロフィール

もりはやし倶楽部

鹿児島市自然百選のひとつとなっている「がんばり山・ばんざい山」での多様性生物の保護・保全・観察会などを通じて環境啓発活動を行っている団体である。活動は活発だが資金力のない団体であり、助成金に頼る活動を行っている。事業継続の課題として会員の確保・参加者の拡大・プログラムの確立などがあげられている。

もりはやし倶楽部

〒891‐0113
鹿児島市平川町474番地
Tel. 090-3665-8718
Fax. 099-261-2453
担当:木之下勇一

特定非営利活動法人 鹿児島県NPO事業協会

県内のNPO法人等を対象に主に下記の事業を行っている。
1. NPO法人等の活動促進イベント事業
NPO等の活動のサポート・サポーターの確保・協働先の確保等
2. NPO法人等の運営・経営支援事業
継続的な事業を可能とする為に活動の事業化に向けた企画提案及びアドバイスの実施

特定非営利活動法人 鹿児島県NPO事業協会

〒892-0838
鹿児島市新屋敷町16番公社ビル324
Tel. 099-210-7980
Fax. 099-210-7980
担当:前田茂喜