SAVE JAPAN プロジェクト 2017-2018

レポート

湘南の砂草を植えよう

2017年10月08日(日)実施
  • その他植物

レポート

2017年10月8日(日)、神奈川県の絶滅危惧ⅠB類であるビロードテンツキ、減少傾向のハマボウフウやハマヒルガオ、ハマゴウ合せたて4種類の海浜植物合計1,900株以上を植栽しました。

当日のスケジュール

08:30 受付開始
09:00 開会
    主催者並びに関係団体挨拶
09:15 植え方講座
09:20 植栽開始
10:50 閉会あいさつ
11:00 終了

実施内容

参加者が50人を超え、中には前回参加の人もいて順調に作業は進みました。
海浜植物に関心のある人多かったようで、スタッフに質問する姿が随所で見られました。

本日植える、ビロードテンツキの苗です。


開会式の後、植え方講座を行いました。


苗を受け取って、植栽スタートです。


牛乳パックに詰められた苗を、どんどん植えていきます。


みんなで協力しながら植えました。


皆さん、お疲れ様でした。


このイベントで得られたこと

前回から継続的にご参加されているリピーターの方がいらっしゃり、作業は順調に進みました。
また、地域の様々な団体とのつながりができ、たくさんの方々にご参加いただきました。
今後も継続的にご参加いただけるように取り組みたいと思います。

参加者の声

  • 内容が分かり易く取り組みやすかった。30代女性
  • 若い人から恒例の方まで幅広い参加のため非常に良い。30代男性
  • 茅ヶ崎の海岸線を美しく楽しくしたい。60代男性
  • 実際に環境保全活動に参加したことが無かったため、達成感が得られました。20代女性
  • 植えたものが翌年以降も残っているのがうれしいです。20代女性

イベント実施結果

参加者数
51
アンケート回答数
38
参加者満足度
97%
実施してよかった点
複数の地域団体からご参加いただいたこと。
実施して苦労した点
•参加者の安全確保(けが、熱中症、地震等)の気配りと、植栽作業の疲労度や気温をみながらの水分補給のタイミング。
•複数の団体にご参加いただきました。協力しながら作業していただけるよう、配慮いたしました。
特に寄付が活きたと感じた点
•植栽する苗の確保や植栽後の作業にかかる費用に活用させていただいてます。
•事前の広報活動や準備品の用意などにも活用させていただきました。
主催・共催
認定特定非営利活動法人 ゆい
認定特定非営利活動法人 藤沢市市民活動推進機構
協力・後援等
協力:認定特定非営利活動法人 日本NPOセンター
   茅ヶ崎市中央ロータリークラブ
   特定非営利活動法人 茅ヶ崎海岸作り推進機構
協働:茅ヶ崎市
後援:藤沢市
協賛
損害保険ジャパン日本興亜株式会社