SAVE JAPAN プロジェクト 2023-2024

募集終了

里山整備&炊き出し体験~外来種(ニワウルシ)への理解を深めよう!part2、災害時を想定した水・食事を考えよう!~

2024年01月28日(日)開催
  • その他植物
  • 種子植物・シダ
  • 藻類
  • 里山

 NPO環〜WAが保全している里山には、オオタカ、フクロウなどの猛禽類が飛来し、ウラシマソウやユキノシタなどの希少植物、国蝶オオムラサキが好むエノキ、ミツバチが飛び回る種々の草木花が生息。様々な団体と連携、各団体の得意とする技術協力により総面積8haを保全を進めています。

 荒廃した山林や農地の持続的保全を実現するために里山利用を事業化した「しもはじ埴輪キャンプ場」 エリア。ここにも外来種侵入が顕著にみられ、対応が急がれます。 

 第1弾に続き、生態系被害防止外来種でもある「ニワウルシ※」の駆除作業、
 初の試み!災害時を想定した炊き出し体験も同時開催。
 整備班と炊き出し班に分かれて、皆さんで協力し合いながら体験しましょう!
 
※ ウルシに似た葉を持ちますが、樹液でかぶれることはございません。庭に植えられるウルシという意味でニワウルシと名付けられました。安心して整備活動にご参加ください。

イベント内容

第1弾での作業の様子

成長したニワウルシ

炊き出し班の皆さんですいとんを作ります!

協力し合いながら準備しましょう!

このイベントのねらい

 ニワウルシは、葉や樹皮から他の植物の成長を阻害する物質を放出し他の植物の成長を阻害するため一気に繁殖する性質を持つため、落葉している冬季、新芽が出始める前の駆除が望まれています。
 前回は、主にニワウルシの伐倒作業を進めました(詳しくはレポートをご覧ください!)。
今回は、その伐倒した木をまとめ、刈り払い機などで草や篠刈りを進める予定です!

 災害発生時は、断水による飲料水や生活用水や食料品の不足が想定されます。
必要最低限の食材と水で、調理から片付けまでを参加する皆さんと一緒に考える機会とします。

プログラムとスケジュール

9:15  集合・受付開始
9:30  オープニング
9:40  作業班・炊き出し班の決定
     (班分けは、当日決定いたします)
9:50  各班で作業開始
12:00 昼食(汁物(すいとん)、芋バターの予定です)
13:00 片付け
15:00 クロージング
15:15 解散予定

募集要項

イベント名
里山整備&炊き出し体験~外来種(ニワウルシ)への理解を深めよう!part2、災害時を想定した水・食事を考えよう!~
開催日
2024年1月28日(日)
※雨天決行。整備作業は中止の場合あり。
開催時間
9:15~15:15
申込締切
2024年1月24日(水)
定員
30名(申し込み先着順)
開催場所と集合場所

しもはじ埴輪キャンプ場
(茨城県東茨城郡茨城町下土師1821)

アクセス:< https://npowa-satoyama.com/access >

対象
ご関心のある方はどなたでも(中学生以上)
地域にお住まいの皆さん、県内外にお住まいの方も大歓迎!
学生の皆さんもぜひご参加ください!
※手のこぎり、刈払い機などを使用して作業を進めるため、対象を中学生以上としています。
持ち物
服装:
軍手、作業しやすい服、防寒着、長靴または汚れてもよい靴、帽子

持ち物:
(ご持参できる方)刈り払い機や手のこぎり(一般的なもの)、作業中の飲みもの、帽子、タオル
参加費
500円

お問合せ

このイベントのお問合せ先

認定特定非営利活動法人 茨城NPOセンター・コモンズ
(担当:大野 覚、伊東 輝実)

〒310-0031
茨城県水戸市大工町1-2-3 トモスみとビル 4階
みとしんビジネスセンター C-1

電話:029-300-4321
FAX:029-300-4320
eメール:info@npocommons.org

主催・共催
NPO環~WA

認定特定非営利活動法人 茨城NPOセンター・コモンズ
協賛
損害保険ジャパン株式会社